メンズデオ7200 体験失敗

体臭 嗅覚 チェック方法 ワキガ 女性 足の臭い

 

人の嗅覚は「臭いの変化」には敏感ですが、いつも嗅ぎ続けている臭いには鈍感なので、自分の臭いはどんなに悪臭でも気づきにくいものです。その上、「クサイ」ことはとても言いづらいことなので、なかなか人から指摘されることもありません。
ですので、自分でチェックすることが非常に大切です。

 

自分の臭いの簡単なチェック方法ですが、手っ取り早いのはお風呂上りです。

 

入浴した後の自分が清潔な状態になり、浴室の水蒸気の影響を受けて嗅覚がリセットされています。
その状態で、来ていた衣服の臭いを嗅いでみることで、自分の体臭を客観的に確認でき、他人か感じている自分の体臭がおおよそわかります。

 

次にワキガの簡単チェック方法ですが、5分ほどラップを脇の下に挟んでおき、そこに汗がついたらそのラップを外して臭いを嗅いでみます。タイミングとしてはちょっと汗ばんだときに行うのが最適です。
ラップの臭いを嗅いだときに、汗臭さとは違う、ツンとくるような独特に臭いを感じたらワキガであると考えてよいでしょう。

 

ワキガの対策の鍵となるのは「汗を放置しない」ことです。

 

除菌タイプのウェットティッシュなどで拭き取りをすると、ワキガの原因となる雑菌を殺してくれるので、とても有効です。

 

頭皮の臭いは地肌をマッサージの要領で指で触り、その臭いを嗅いでみると、皮脂の臭いがするはずです。少しべたついた感じがあるはずですが、それが頭皮の臭いです。

 

頭皮の臭いの予防は、正しいシャンプーをすることで可能です。

 

お湯が熱すぎると逆に臭いを増す結果に繋がりかねませんので、洗髪の際はちょっとぬるめの38度前後が適温でしょう。

 

また女性に関しては、意外かもしれませんが特に足の臭いに要注意です。
「私は大丈夫〜」という意識が落とし穴になります。

 

女性がよく履くことの多く、熱がこもりやすいブーツや汗を吸収することができないストッキングは、通気性が悪く高温多湿になりやすいため、どうしても蒸れやすくなります。

 

1日履いた靴下やストッキングなどを嗅いでみると足の臭いはわかります。

 

足の臭いに有効なのは「重曹足湯」です。

 

洗面器に大さじ2、3程度の重曹とお湯を入れて足湯をすれば、それだけで足の臭い匂いも消すことができますので、ぜひ試してみてください。

 

またこの重曹は靴の臭いにも効きます。
重曹を粉のままそのまま靴にふりかけます。お時間のある時は、たっぷりと重曹をしきつめた状態で一晩置いておきます。